紫外線は、サンサンと陽が降り注いでいるときだけじゃなく、肌寒い曇り空の日でも、たとえ短時間の外出でも、少しずつ浴びてしまっています。

そのようなわずかな紫外線が、蓄積してシミやシワになるのです。

紫外線を浴びないよな工夫をしたり、日焼け対策をしたりとか、紫外線のダメージケアについてお話します。

 

<目次>
・シミ・シワ・たるみを招く紫外線の恐怖
・日焼け止め化粧品は塗る量に注意
・日焼け止め化粧品の上にはパウダーファンデを重ねえる

 

シミ・シワ・たるみを招く紫外線の恐怖

UVは「ウルトラ バイオレット レイ」の略で、「紫外線」のことです。

なんとなく「紫外線は美肌の大敵」とわかっていながら、うっかり日焼けをしてしまったり、UVケアが毎日できていなかったりする人も少なくありません。

それは、紫外線の怖さをまだまだわかっていないからではないでしょうか。

紫外線の怖さは、ズバリ、肌の老化を早めることです。

紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとメラニン色素をつくり出しますが、それがうまく排せつされないと、シミの原因になります。

また紫外線は真皮にまで到達して、肌の弾力を保っているコラーゲンを傷つけることもあります。

それがシワやたるみの原因です。

つまり、肌の老化を確実に進行させるのが紫外線なのです。

対策をしているか、していないかで5年後、10年後の肌は大きく変わってきます。

紫外線は暑さやまぶしさがないため、どのくらい肌が紫外線を浴びているのか実感できません。

そこが紫外線の落とし穴です。

まだ大丈夫だと油断していると、ダメージは日々蓄積され、ある日突然、肌老化として急に現れるのです。

紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があり、どちらも肌老化の原因になるので、両方を防ぐことが肝心です。

 

日焼け止め化粧品は塗る量に注意

日焼け止め化粧品の効果は、塗る量が少ないと当然下がります。

たとえばSPF値20のものを塗っても、量が少なければSPF値10程度の効果しか得られないこともあります。
日焼け止め化粧品のSPF値は、実際に人間の皮膚を使って測定します。

その際に使用される量は、皮膚1平方cmあたり日焼け止め化粧品2mgです。

つまり、日焼け止め化粧品に表示されているSPF値は、そのぐらいの量で塗った場合の数値です。

ところがこれはかなりの量で、実際に女性が使っている量は、平均的にその約4分のIといわれます。

その場合、効果は約20分の1に下がります。

日焼け止め化粧品はたくさんつけすぎると、ベ夕ついてイヤという人もいるようです。

その場合は、頬骨あたりだけ少し厚めに塗りましょう。

紫外線によるシミは、頬骨あたりからでき始めることが多いからです。

 

日焼け止め化粧品の上にはパウダーファンデを重ねえる

より確実に紫外線をカットするには、日焼け止め化粧品の上に、パウダーファンデーションを重ねると効果的です。

というのも、ファンデーションの色粉は、紫外線散乱剤と似ているからです。たとえば、レーザー治療をするときに、ファンデーーションが肌に少しでも残っていると、レーザーの光が跳ね返されてしまうほどです。

パウダーファンデーションは、とくに日焼け止め効果をうたったものでなくても、UVカット効果があるといわれます。

ファンデーションは、パウダータイプがおすすめです。

リキッドやクリームタイプは界面活性剤の配合量が多く、肌あれの原因になることがあるからです。

日焼け止め効果をうたったファンデーションもありますが、肌の負担になる紫外線吸収剤を含むことがあるので、あえてそのようなものではなく、普通のパウダータイプを選ぶほうがよいでしょう。






このページの先頭へ