肌が急にあれだしたとき、どのようにしていますか?対処法は、人それぞれのようです。化粧品を全部取りかえてみる人。

怖いからと、なるべく何もつけずにいようとする人。

逆にたくさんつけようとする人。

メイクに関しても、肌あれを起こしているときはいっさいしないという人。

隠そうとしてベッタリ塗る人。

メイクはできないけれど紫外線は肌に悪いからと、日焼け止めクリームだけ塗る人。

では、どれがいちばん正しいのでしょうか。

肌荒れを起こしているときの化粧品についてお話します。

 

<目次>
・肌荒れにはどんな化粧品がいいの?
・肌荒れ時の紫外線対策は?

 

肌荒れにはどんな化粧品がいいの?

まず、あれた肌からは水分がどんどん蒸発して、あれるいっぽうですから、保温はしっかりする必要があります。

ただし、「肌にしみるものはつけてはいけない」と思ってください。

しみるというのは、肌が拒絶しているからなのです。化粧水、乳液、クリームでいうと、化粧水がいちばんしみるはずです。

水っぽいもののほうがしみやすく、油分の多いもののほうが、肌への当たりがやおらかいのです。

そのようなときは、化粧水は使わずにクリームだけをつけます。

クリームでもしみるほどあれているときは、ワセリンを塗るとよいでしょう。ワセリンのような油を塗ると油焼けしてシミになる、と思っている人がときどきいますが、今の、肌に塗るための油は精製されているので、そのようなことはありません。

 

肌荒れ時の紫外線対策は?

つぎに、紫外線対策についでです。

日焼け止めクリームは、やはりあれた肌には多少刺激があるものです。

でも、シミになっても困るので、そのようなときはパウダーファンデーションをつけましょう。粉おしろいでもかまいません。

バウダーにはすべて紫外線を防ぐ作用があります。

SPF表示のないパウダー類も、です。

日焼け止めクリームよりはパウダー類のほうがかぶれにくいので、あれたときはこちらのほうがおすすめです。
もちろん、パウダー類は肌を乾燥させるので、下にクリームなどを塗ってもかなければなりません。

そして、帰宅したらダブル洗顔をし、また保湿クリームを塗っておきます。

このようにして肌を休めていれば、たいていの場合、1週間ぐらいで肌は落ち着いてくるはずです。

それを待って、少しずつばかの化粧品を加えていきます。

敏感肌用のものから始めましょう。

化粧品は、化粧水、乳液、クリームといった化粧品メーカーが提案するラインでそろえる必要はないので、いきなり全部取り替えずに、少しずつ加えるようにしていきましょう。






このページの先頭へ