年齢を重ねると次第にできてくるシワ。

老化や紫外線などの影響を受けることで、シワは徐々に深くなり、増えていきます。

シワを防いだり、消したりする方法はあるのでしょうか。

乾燥時の軽いシワだと保湿ケアで簡単に消せますが、コラーゲンの減少によりシワだと、簡単に消えません。

そこで、深いシワになる前のに、やるべき予防法についてお話します。

 

<目次>
・表皮が薄くなり肌が乾くとシワになる
・小シワが気になりだしたら…
・よりシワの改善に有効な成分とは?

 

表皮が薄くなり肌が乾くとシワになる

老化や紫外線の影響で、表皮はやせて薄くなります。

水分量も低下するので、乾いてしまったミガンの皮のようにクシャクシャになります。

これが初期のシワです。

さらに真皮のコラーゲンやエラスチンが変性し、弾力を失うと、表情につれて勤いた皮膚がもとに戻らなくなるので、深いシワが刻まれます。

初期のちりめんジワ程度なら、お手入れ次第で消すことも可能です。

ただし、深いシワができてしまうと、お手入れだけではなかなか消せなくなります。

それだけに、シワはできないようにすることが犬切になります。

 

小シワが気になりだしたら…

できてしまってからでは、消すのが難しいのがシワです。

では、シワができないようにするには、どうしたらよいのでしょうか。

第一に、紫外線を直接素肌に浴びないように気をつけることが犬切です。

紫外線は1年中降り注いでいますから、季節に応じて、ファンデーションや日焼け止め化粧品、日傘、サングラスなどを使って、防ぐようにしましよう。

第二に、表皮の水分量を上げるお手入れをしましょう。

毎日の保温のお手入れを抗かりなくおこない、しかも年齢に応じて、保温力の高い成分を取り入れていくようにします。

たとえば、小ジワや目の下にできるちりめんジワなどは、肌表面の角質が乾燥してかたくなり、弾力を失う」とがきっかけでできてきます。

こうしたシワに気がついたら、保蛮力の高いセラミド入りの美容液やクリームなどを使うお手入れを、早めに取り入れましょう。

ほうっておけば進行するのはいうまでもありません。

ポイントは、水分量を増やして、かたくなった角質をやわらかくしてあげることです。

保温力の高い美容液やクリームを、おやすみ前に、気になる部分に、少しベタッとするくらいに塗ってみましょう。

保湿のパックも有効です。

また、年齢とともに角質が厚くなって水分を表面から吸収しにくくなっていきますから、30代くらいからは、ピーリング剤を使って少し角質を取り除いてから、保湿したばうがうまくいくでしょう。

 

よりシワの改善に有効な成分とは?

老化を少しでも遅らせるための積極的なお手入れとして、抗老化作用のある成分を取り入れてみましょう。

とくに、ビタミン類は肌にとてもよい成分で、最近はそれを化粧品に配合するようになり、注目を集めています。

その成分とは、ビタミンA、B、Cと覚えてください。

化粧品には、レチノール、ナイアシン、ビタミンC誘導体として配合されています。

また、抗酸化作用のあるポリフェノール類も、抗老化作用があります。

シワ予防として、これらの中のどれかが配合された化粧品をひとつは加えましょう。

最近は、たくさんの抗老化成分を1本の中に入れた化粧品もありますが、たくさん入っていれば強力というものでもありません。

それぞれの成分が不安定なため、たくさん混ざったものではおたがいの作用を邪魔してしまう場合もあるのです。






このページの先頭へ