よくニキビをつぶすと、跡が残るのでやらない方がいいとよく言われます。

はたして、本当に、ニキビはつぶさない方がいいのでしょうか?

ニキビの治療法についてお話します。

 

<目次>
・ニキビはつぶすと跡に残るって本当か?
・できてしまったニキビをカバーするには?

 

ニキビはつぶすと跡に残るって本当か?

ニキビができたとき、やはり女性がもっとも気にするのは、あとになるかどうか、ということでしょう。

ニキビあととして気にするものには、3通りあるようです。

色素沈着、赤みが残るもの、陥没です。

これらの3つのうち、本当の意昧でのニキビあとは、3つめの陥没だけです。

色素沈着や赤みは、その上から日焼けをしない限りは、お手入れ次第で消えていきます。

何年もかかることもありますが、いずれ消えていくものは「あと」とはいわないわけです。

あせらず、ビタミンC誘導体などが入った化粧品を使って、根気よくお手入れしていきましょう。

では、陥没は、というと、残念ながら、化粧品で改善するのは難しいことです。

レチノールなどが真皮のコラーゲンを増やすので有効とされますが、目に見えてかわるところまではなかなかいきません。

皮膚科や形成外科でおこなうピーリングやレーザー治療などを受ければ改善はできますが、まずは陥没をつくらないことが大事です。

ニキビができても、陥没する人としない人がいます。

それはほとんどが肌質の違いによるものです。

ニキビの炎症が強くなる人ほど、また、肌が厚くてかたい人ほど陥没になります。

ですから、必ずしもつぶすからあとになる、というわけではありません。

ニキビのでき始めに、上手に芯だけ押し出せれば、かえってあとにならずにきれいに治ることもあります。

基本的に、コメドは出してもかまいません。

爪で押し出すとばい菌が入りやすいので、専用の器具を使うとよいでしょう。

器具が手に人らなければ、綿棒2本で押してみましょう。

お風呂上がりなどの、肌がやおらかくて清潔なときにそっと押してみて、うまく出なければ、無理に強く押すことはやめましょう。

皮膚科でも押し出しの処置をしてくれるところもあるので、そのようなところで相談してもよいでしょう。

ただし、赤く炎症を起こしたニキビは、けっして自分では触らないでください。

清潔にしてそっとしておけば、自然に治ります。

 

できてしまったニキビをカバーするには?

ニキビというと、ファンデーションはごはっとというイメージがありますし、皮膚科でも「化粧はやめなさい」と指導するところが多いようです。

では、ニキビができている女性に「ファンデーションで悪化しますか?」とたずねると「別に・・・」という答えがほとんどです。

また、ノーメイクでいたら治るかというと、そういうものでもありません。

ニキビは、体の中からくるホルモンバランスなどの要素が強いので、ファンデーションの影響は、世間でいわれるほど大きいものではありません。

だからといって、何を塗ってもよいかというと、さすがにそういうわけにもいきません。

あまり塗り過ぎれば、当然毛穴がふさがりますし、油分が多いものもいけません。

ニキビができているときのメイクのポイントは、まず、サラッとしたパウダーファンデーションもしくは粉おしろいを選ぶこと。ニキビやニキビあとの赤みが気になる部分があれば、コンシーラーでカバーしましょう。

ゾいトかし訪くパウダー斤目バΛ+d<一レしか気になるからと全休をかくするよ0も、y」のばうが肌への負担は軽くなります。二牛ビがストレスになって、会社に行くのもゆう
う乃八囲丿田{ノしいるハはノ」のやりぢ.じカバーして、あまり気にしないようにしましよう。

その上から薄くパウダーをはたきます。

ニキビが気になるからと全体を厚くするよりも、このほうが肌への負担は軽くなります。

ニキビがストレスになって、会社に行くのもゆうつつ、などと思っている人は、このやり方でカバーして、あまり気にしないようにしましよう。






このページの先頭へ