目の下にできるクマは、ホットタオルで温めたり、目元をマッサージをしたりすると改善します。

しかし、クマと呼ばれるものは実際いくつも種類があります。

種類によっては、ケア方法に違いがあります。

今回は、青クマについてお話します。

 

<目次>
・適度な運動で血行を改善
・目のまわりのツボ押しで血行促進

 

適度な運動で血行を改善

青ぐまができる人は血行不良で冷え症の人が多いので、血行促進する工夫が必要です。

まずは適度な運動を習慣にして、全身の血行をよくしましょう。

中でもウォーキングは、簡単にできて効率がよいのでおすすめです。

またパソコンを見ている時間が長い人は、仕事の合間に、首や肩をほぐすストレッチをすることも有効です。

ただし、青ぐまは生まれつきの要素が強く、なかなか消すことが難しいものです。

コンシーラーなども上手に使って、カバーするようにしてあまり気にしないことも大切です。

 

目のまわりのツボ押しで血行促進

目元の血液の流れをスムーズにする方法として、マッサージやツボ押しがあります。

ただし目のまわりのマッサージは難しく、自己流で行うとかえって肌を刺激することもあるので、ホームケアにはツボ押しがおすすめです。

ツボ押しは、洗顔後、化粧水や美容液などをつけたあとで行います。

上に押し上げるときは親指、それ以外は中指で押すのが基本です。

気持ちいいくらいの強さで3秒押して、パッと離すのがーセット。

これを3~5セットくり返してください。






このページの先頭へ