ニキビの角栓は、触らない方がいいと言いますが、それって本当でしょうか?

あるテレビ番組で、跡が残らないように角栓を押し出して除去した方がいいと言っていました。

今回、雑誌に書いてあった、皮膚科が教える、指で角栓を押し出す方法を紹介します。

 

<目次>
・角栓を指で押しだす方法

 

角栓を指で押しだす方法

角栓とは、皮脂腺から出た脂と古い角質細胞が、毛穴の中で混ざったものです。

特に鼻の角栓は指でムニュ~ッと押し出したくなるが、一般的にはダメだといわれています。

だが、今まで多数の皮膚科医に聞いてみたところ、皮膚に雑菌が入らないよう、衛生面で気をつければOKという回答が多かったです。

その中でも、皮膚科医がレクチャーしてくれた、特に安全な鼻の角栓取りの方法を紹介します。

角栓が固いままでは、スムーズに押し出せなくて余計な力を入れてしまい、肌を傷つけることになります。

それを防ぐためにも、日頃から角栓を柔軟化させる化粧水や美容液をつけておくのがコツです。

充分に角栓を柔らかくしたら、コットンを裂いて鼻の両サイドに置き、その上から指でグーッと押して皮膚を山のように盛り上げて、角栓を押し出してみましょう。

慣れると、赤鼻にならない程度の力加減がわかってきます。

毎日少しずつ押し出してもいいのだとか。

ただし、不慣れなうちは2~3日に1回のペースで行うほうが安心です。

でも、ニキビがある場合には、絶対にやってはダメです。

ニキビのまわりには、活性酸素という爆弾を出す細胞がたくさんあります。

この細胞は、押したリマッサージしたり、超音波美顔器などの物理的な振動を与えると、イクラのようにつぶれて活性酸素を放出します。

すると新たなニキビが発生してしまいます。

ニキビ肌なら、超音波美顔器やマッサージ等のスペシャルケアはやめておきましょう。






このページの先頭へ