忙しさに負けてついゴシゴシっと洗っていませんか?

肌のトラブルの原因とされる、ゴシゴシ洗いの洗顔。

間違った洗顔法がクセになってしまうと、セラミドや天然保湿成分まで洗い流してしまい、いくら化粧水や保湿剤を付けても肌は回復しません。

そうならない前に、肌にやさしい洗顔方法を身につけた下さい。

そこで、肌を傷めない洗顔方法についてお話します。

 

<目次>
・こすらなくても肌の汚れは落ちる
・卵を割らないように洗うやさしい力で顔を洗う
・正しい洗顔方法

 

こすらなくても肌の汚れは落ちる

よくある肌あれの原因のひとつに、こする刺激があります。

そこで肌あれで悩む人に「洗うときなどに、ゴシゴシこすっていませんか」と聞くと「こすっています」という答えはまず返ってきません。

「普通に洗っているつもりです」というのがいちばん多い答えです。

他人と洗い方を比べることはないので、当然、「普通十の基準は人それぞれ違うわけで、実際洗っていただくと、洗顔法はかなり個人差があるようです。

とくにニキビや毛穴のザラつきを気にする人ほど、こする傾向にあります。

指で肌をなでていると、プツプツとしたものが触れるので、つい気になってそこをいつまでもこすってしまうのです。

しかし実際には、メイク落としでも洗顔料でも、そのプスフツを溶かし出すことはできません。

その前に肌のほうが傷んでしまいます。

こすることは、肌にとっては「百害あってー利なし」と覚えておいてください。

 

卵を割らないように洗うやさしい力で顔を洗う

では、どのように洗うのがよいのでしょうか。

ポイントはやはり「泡」です。

洗顔料は、肌にのせておくだけで、汚れを浮き上がらせてくれますから、こする必要はまったくありません。

なるべくこすらないようにするために、泡をたくさん立てて、その泡を、指と皮膚の開のクッションにした状態で洗っていきましょう。

顔が卵だったら、と考えて、割らない程度の力で洗います。

泡で顔を包み込む感じです。

皮膚というのは、額と鼻部がいちばん丈夫で、つぎが頬、いちばん弱いのが目もとですから、メイク落としの手順と同じで、この順番に洗っていくとよいでしょう。

頬骨の出ているところに力がかかるクセもよく見られますから、それも注意してください。

最後にぬるま湯でよくすすぎます。

すすぐときに、油が残っているかどうかは指すべりでわかるはずですが、Tゾーンに前部残っているようでしたら、Tゾーンだけ、軽く2回洗ってもよいでしょう。

鏡で、泡部残っていないかチェックしたら、やわらかいタオルで押さえるように水気を取ります。

 

正しい洗顔方法

1.手を洗ったあと、ぬるま湯で顔を少しぬらしておきます。

2.洗顔料をよく泡立てます。手で上手に泡立てることができない場合は、泡立て用のスポンジやネットを使うと、簡単に泡を立てることができます。

3.額、鼻にかけてのTゾーンに泡をのせて、軽く汚れとなじませます。

4.つぎに、頬などUゾーンに泡をのせて、軽<汚れとなじませます。最後に目もとや口もとに泡をのせて、軽く汚れとなじませます。

5.ぬるま湯を使って、手早<洗い流します。

6.タオルで肌を軽く押さえるようにして、水を吸い取らせます。






このページの先頭へ