30代ならまだ油分は減りません。

油分が減少していくのは、閉経が近くなる40代ころといわれています。

しかし、10代のようなスキンケアでは問題ですが、30代であれば、20代と同じようなスキンケアでも問題はありません。

そこで、30代の方のスキンケアの方法についてお話します。

 

<目次>
・30代は油分が足りているのでコレだけで十分です

 

30代は油分が足りているのでコレだけで十分です

肌の水分量は、赤ちゃんのときがいちばん多く、年々減っていくいっぽうです。

これに対して油分の量は、赤ちゃんのときは少なくて、思春期のころに増え始め、閉経とともにまた減ります。
これは、性ホルモンの分泌と同じカーブを描いています。

肌にとって、どちらが大切かというと、いうまでもなく水分です。

水分の多い肌は透明感とハリがあり、刺激に対しても抵抗力があります。

油分が多いと雑菌がつきやすく、ニキビもできますし、また皮脂は空気で酸化されて、皮膚を刺激することもあります。

では、油分はまったくいらないのかというと、やはり、肌のツヤとなめらかさのためには多少は必要のようです。

年代別にどのようなスキンケアをしたらよいか、考えてみましょう。

10代は水分、油分ともに多いので、よく洗って、何もつけなくても大丈夫です。

20代から30代では水分が減ってきますが、油分はまだ減らないので、水分補給を中心にしたスキンケアをしていきます。

40代の閉経が近くなるころから油分も減ってきますので、クリームなども必要になります。

要は、30代までの人は、乾燥してもまずは、セラミドやヒアルロン酸配合の美容液の水分だけで保湿してみて、それでもどうしても乾燥するときだけ油分を補うようにします。

それもなるべく部分使いにとどめます。

とくに目もとや口もとは皮脂腺がほとんどないので、若い人でも油分が必要な場合があります。



このページの先頭へ