油断すると肌が赤くなっていることありませんが?

気がつかないところで、常に紫外線を浴びているのです

少しでも、紫外線を避けたいなら…

毎日の日焼け止めの対策についてお話します。

 

<目次>
・紫外線による老化が、シミ・シワ・たるみの原因
・1週間の生活紫外線は、海水浴1時間分
・肌によい日焼け止め3つのキーワード

 

紫外線による老化が、シミ・シワ・たるみの原因

紫外線は、シミやシワ、たるみなとの肌老化の原因になります。

小麦色の肌は健康的に見えますが、日焼けは「百害あって1利なし」。

紫外線はとにかく避けるべきです。

紫外線の影響は、若いうちには気づきにくいものです。

そのため「まだ大丈夫」と油断している人が多いのですが、紫外線ダメージは貯金のようなもので、日々蓄積されています。

幼いころから浴びてきた紫外線がたまって貯金箱がいっぱいになると、肌老化として一気に現れるのです。

また、紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)の2種類がありますが、どちらも肌老化の原因になるので、両方を防ぐケアが必要です。

 

1週間の生活紫外線は、海水浴1時間分

日焼けをするのは、夏のレジャーのときだけではありません。

とくに日焼けした覚えがないのにシミが増えるのは、毎日のちょっとした紫外線貯金がたまった結果なのです。
紫外線は、冬でも、曇っていても、毎日ぶりそそいでいます。

これを生活紫外線といい、素顔のままで近所へ買い物に行ったり洗濯物を干している間にも、どんどんたまっています。

真夏の晴天の日の生活紫外線1週間分は、海水浴1時間分のダメージに相当します。

紫外線そのものは暑くもまぶしくもなく、浴びている感覚はありません。

窓ガラスや薄い衣服も通すので、屋内にいても油断できません。

 

肌によい日焼け止め3つのキーワード

1.「SPF&PA」
日焼け止めには、「SPF」と「PA」の2つの表示があります。UVAとUVBの両方を防ぐために、両方の表示をチ
ェックしましょう。

2.「ノンケミカル」
紫外線吸収剤ではなく、紫外線をはね返す散乱剤を使った製品がおすすめ。「吸収剤フリー」「ノンケミカル」などと表示されています。

3.「クリームor乳液」
肌にやさしいのは、スプレーやローションより、クリームや乳液タイプ。普段づかいには、肌に負担になるウオータープルーフは避けます。



このページの先頭へ