女性なら誰でも恐れる老化ですが、肌老化とはいったいどういうことなのか、それを知らないと、賢い対策はたてられません。

まず表皮と真皮に分けて考えなければいけません。

肌を考えるときは、常に表皮と真皮に分けて考えましょう。

それでは、肌老化を遅らせる方法についてお話します。

 

<目次>
・表皮と真皮に起こるそれぞれの老化現象を知る
・栄養を与える、守りのお手入れと角質を取る、攻めのお手入れ

 

表皮と真皮に起こるそれぞれの老化現象を知る

表皮ではターンオーバーといって、4週間ほどで細胞が生まれかわっていますが、この夕ーンオーバーの速度は年々遅くなり、40代では6週間もかかるようになってしまいます。

代謝が遅いわけですから、当然日焼けでできたメラニン色素は肌に残るようになります。

また、表皮全体が薄くなるため、ふっくらした感じがなくなり、小ジワが出てきます。

真皮では、コラーゲンやエラスチンなど、皮膚の弾力を保っていた線維が変性してもろくなるため、弾力がなくなります。

表情ジワが戻らなくなり、深いシワが刻まれます。

さらに、これはたるみへと発展します。

一度できてしまったシミやシワは、なかなか「消す」ということは難しいものです。

ですからスキンケアは常に、予防的に考えなければいけません。

あきらめてしまえば、年々時計は進むだけです。

個人差はありますが、30代ごろからは誰でも老化の兆候は出てくるものです。アンチエイジンゲのお手入れを習慣にしましょう。

 

栄養を与える、守りのお手入れと角質を取る、攻めのお手入れ

アンチエイジング化粧品は、無数に売られていますが、どのように使い分けたらよいのでしょうか。

まずは「守りのスキンケア」と「攻めのスキンケア」に分けておこなうとよいでしょう。

「守りのスキンケア」とは、とにかく肌に栄養を与えるお手入れです。

とくに有効な成分としては、ビタミンA、B、Cと覚えてください。

ビタミンAは、レチノールなどの形で化粧品に入っています。

小ジワなどに有効ですが、やや刺激が強く、乾燥しやすいのが欠点です。

ビタミンBの中では、ナイアシンが、抗老化成分として注目されています。

刺激はあまりないようなので、肌が弱いけれどもアンチエイジングのものを試してみたい、という人にも向いています。

ビタミンC誘導体は、コラーゲン合成促進、美白など、さまざまな効果がありますので、化粧水などで長く使っていくとよいでしょう。

ただし、ビタミンC誘号俸を使うと、やや乾燥することもありますので、保湿はしっかりおこなってください。
また、ビタミン以外に着目したいのがポリフェノールなどの抗酸化成分です。

「老化=酸化」であるということが解明されてから、植物工牛スなどの抗酸化成分が、化粧品に多く配合されるようになりました。

ブドウの葉や種子の成分、緑茶のエキスなど、さまざまなものが使われています。

太陽を浴びて生きている植物には、紫外線や活性酸素の害に対する自然の抵抗力が備わっているのです。

これらも試してみる価値がありそうです。

つぎに「攻めのス牛ンケア」として、表皮の角質を敢る働きのあるピーリング剤を使ったお手入れを取り入れてみましよう。

今まで紹介した守りのスキンケアでは、すべて何かを「与える」というかたちをとっていますが、ピーリングは、角質を「取る」わけですから、一種のショック療法のようなものです。

でも、与えるばかりでは肌は当然なまけていきますし、人間だって栄養ばかり摂っていないで運動することも大事です。

ピーリングで角質を取ると、皮膚はそこを早く修復しようとして、下から速い速度で上がってきます。

要するに、細胞分裂が活発になります。

これがピーリングの若返りの仕組みです。

続けていくと、表皮はふっくらとしてきて、真皮のコラーゲンも増えてきます。

美白効果もあります。

もちろん角質を取り過ぎると「赤むけ」になってしまいますが、最近のピーリング剤は、安全に使えるものがたくさん出ていますから、それほど心配はいりません。

初めての人は、もっとも手軽に使える、石けんにピーリンブ剤が配合されたものを使ってみるとよいでしよう。



このページの先頭へ