美容液をベタベタ塗る、パーッと手早く塗る方も多いでしょう。

しかし、そんな塗り方だと効果は半減!

美容液の正しい塗り方についてお話します。塗り方

 

<目次>
・美容液は1回分を3回に分けて塗る。
・保湿効果の高い美容液は、ゆっくるそーっと!

 

美容液は1回分を3回に分けて塗る。

美容成分を肌の奥までたくさん浸透させるには、角質層を満タンにすることです。

角質層に美容成分が満ちてこそ、その下まで拡散しつつ浸透していきます。

やりがちなのが一度に大量に化粧品を塗るという荒業です。

でも残念ながら、これではいつまでもヌルヌルとベタつくばかりです。

角質層には1回で化粧品を受け止める限度量があるのです。

だから大量に塗っても肌の上に残って、すぐには浸透しません。

それよりも、1回で塗る分を3回に分け、少しずつ塗ると、ベ夕つかず、塗ったもの全部がすぐに浸透します。
小分けするだけで、1回目を塗ったら、すぐ2回目、3回目も塗っていきましょう。

 

保湿効果の高い美容液は、ゆっくるそーっと!

肌への浸透が早いせいか、低分子でこそ、いい化粧品と思われている節があります。

けれど肌を潤す保溶剤は、肌表面に残って、水分を抱えていてくれないと困るのです。

だから、保溶剤にのヒアルロン酸やコラーゲン配合のタイプが多いのです。

ヒアルロン酸は分子量が5~8万ほど、コラーゲンだって分子が大きいので、保温効果の高いコスメはちょっと糊っぽい感触です。

だから、バーッと手早く塗ったリ重ねたりすると、ヨレでムラづきになる可能性もあるのです。

「保温効果の高いものは、ゆっくりそ~っとのはしていくのがコツなのです。



このページの先頭へ